top of page
検索

京都夏の催し。

いよいよ今日と明日は京都祇園祭の前祭となり、沢山の屋台も出るため多くの人で賑わうことでしょう。

Hac.もバングルブレスFairを開催しておりますので、是非この機会に。



そして本題はこちら

来週予定しておりますイベントになります。


【YUNA OHASHI 受注販売会 /Hac.KYOTO】


現在、常設でお取り扱いがないブランド「YUNA OHASHI」の受注販売会となります。



実は当店で販売している他ブランドも、他では置いてあるお店も少なく希少なブランドばかりです。


ブランド厳選に関するこだわりはいくつかありますが、その一つとして作品に出会う機会も大切にしています。


大手セレクトショップやファッションモールでよく目にする物を、路面店でやっている私たちが展開する事に優位性を感じなかったり、量産的な生産背景よりも、ひとつひとつ気持ちを込めて作っている物により魅力を感じることが多いです。


そして、しっかりとしたブランディングや意志をもった物に惹かれ、そういった人が作る方が ”特別感を得る”といった要素は、自身を飾ったり、想いをのせたりするアクセサリーには、とても合っていると思っています。


難しい話にはなってしまいますが…


新しい物を作らない方がいいと言われる現代において、製造・販売している側の人間として、モノづくりを無くすことはとても困難です。


しかしそんな私たちでも、必要以上に作らないことや不要なものを無くすことは出来る事です。

そしてなによりも、作るからには考えこだわり抜いて「作るべき人が作った物」を販売することが大切だと思っています。


私はその存在の一人が、今回受注会をさせて頂くブランドの大橋さんさんだと思っています。


大橋さんは間違いなく稀有な方だと思います。


技術が上手いとか見せ方が上手いとかそういった話ではなく、私が知る限りもっとも素敵なアクセサリーとの向き合い方をしています。


大橋さん自身がもつ雰囲気や空気感もそうですが、それがアクセサリーである作品にそのまま伝わっています。


もちろんデザインも東京藝大で空間を専攻されていただけあって、全体のバランス感や空間はまさに芸術です。

シンプルなデザインでも、フォルムや質感も含めて余白の使い方が卓越しています。



空間や余白といった感覚的な物を、作品でしっかりと伝えることで大橋さんにしか表現できないアクセサリーへと昇華しています。


大橋さん自身が歩んできた道や経験、知識があるからこそできる世界観だと思います。



ぜひ一度イベントに行って会って話してもらいたいです。会って話せばより伝わると思います。


アートに触れる気分で足を運ぶのも、大橋さんを一目するのも良い機会になると感じています。



前回のGOODDAYSでの開催が日本初となり、半年ぶり2回目の開催となります。それだけ貴重な機会です。


是非この機会にお待ちしております。


【YUNA OHASHI 受注販売会】

会期:7/21(金)~7/25(火)

時間:12:00~19:00

場所:Hac. KYOTO 2Fイベントスペース


※イベント期間中は作家のOhashiさんが在廊

海石の装身具60点以上の販売と、好きな石を選んで指輪やチョーカーなどの受注会も行っております。


Comments


bottom of page